主な読み物

主な連載読み物
土に呟きながら・慣行農で生活をしながら、自然農を知り、それを実験していた百姓の物語。 (全35話)
右手を眺めて ・脳出血で倒れ、右半身麻痺、うつ病、統合失調症になってしまった百姓の闘病記。  (全31話)
生まれるということ・SLEに病んだ妻の出産に関する物語。 (全30話)
小さな記憶・幼い頃、他人の家で育てられた謎の記憶。 (全24話)
親父になる 第一部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第一部。(全25話)
親父になる 第二部・26歳で息子を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第二部。(全25話)
親父になる 第三部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。新連載(連載中)

2014年2月28日金曜日

6 きょろ

・ 6・

昔、きょろっていうHNの元カメラマンがいたんだ。
神奈川のヤツでね、俺と仲良くて、写真の交換してたんだ。
スカイプもしてたよ。
いいヤツだったんだけど、群れないヤツだったんだ。
一匹狼ってやつかな?
ヤツの写真は妙に心に響いてね、俺は好きだったな。


手すり



これはみんなきょろの作品。
俺の写真なんか及びもしない感覚の持ち主だったな。

マンホール



きょろはカメラマン時代の話はあまりしなかった。
クラプトンの写真を撮ったことがあるってくらいしか知らない。
報道カメラマンだったのかな?
でも、ヤツの写真にはヤツの感性を感じられたんだ。

止まれ



何でもない都会の風景を切り取っていた。

母子



俺はきょろの写真が好きで、毎日送ってもらったっけ。
俺も写真を送ってたけど、ヤツは批判なんかしなかったな。

母子



圧倒的なきょろの写真に、俺は見入ってただけ。
写真の撮り方や技術なんて話もしなかった。

ホームレス


きょろが撮っていたものは、風景でもなく、人でもなく、その向こう側にある何かを撮っていたような気がする。
きょろは写真を撮り続けた人生だったな。
写真を通して、何かを言いたかったのかな。

そんなきょろも死んじゃった。
俺に圧倒的な写真を残して死んじゃった。



コメントは 掲示板 居酒屋たけ にてお願いします。