主な読み物

主な連載読み物
土に呟きながら・慣行農で生活をしながら、自然農を知り、それを実験していた百姓の物語。 (全35話)
右手を眺めて ・脳出血で倒れ、右半身麻痺、うつ病、統合失調症になってしまった百姓の闘病記。  (全31話)
生まれるということ・SLEに病んだ妻の出産に関する物語。 (全30話)
小さな記憶・幼い頃、他人の家で育てられた謎の記憶。 (全24話)
親父になる 第一部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第一部。(全25話)
親父になる 第二部・26歳で息子を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第二部。(全25話)
親父になる 第三部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。新連載(連載中)

2014年3月4日火曜日

10 我が家に光がやってきた

・ 10・ 111213

巷のインターネットは光回線が当たり前なのだろう。
ウチにも、ドコモやソフトバンクから光ケーブルのお勧め電話がくる。
が、しかし、ウチのような山奥には光ケーブルなんぞ走ってる訳がない。

で、今まではCATVだったのだが、な、な、なんと、CATVが光ケーブルを引いてくれたのだ。
もちろん、我が家も例外ではない。

今日、我が家に光ケーブルがやってきたのだ。

高所作業車




おおお、頼もしいバケット車。
除雪しておいてよかったね。
電柱から光ケーブルを屋内へ配線。

配線



なかなか苦労してたけど、そこはプロ。
居間まで配線してくれた。


そして、これが光ケーブルを繋ぐ機械。
なかなか高価なものらしい。

光ケーブル



これを使って、モデムへの配線をしていた。

これは、昔で言う保安器みたいなもんかな?

保安器



TVの同軸ケーブルを使って、電源をもらうとか。
左下の白い線が、光ケーブルだね。
昔、電気工事をやってた頃は、親指くらいの太さの光ケーブルを配線したことはあるが。
家庭用の末端だから、細くていいんだね。

でへへ、ウチも光ケーブルになったど~!

で、回線は早くなったのかな?
人間の感覚ではわからんな。



コメントは 掲示板 居酒屋たけ にてお願いします。