主な読み物

主な連載読み物
土に呟きながら・慣行農で生活をしながら、自然農を知り、それを実験していた百姓の物語。 (全35話)
右手を眺めて ・脳出血で倒れ、右半身麻痺、うつ病、統合失調症になってしまった百姓の闘病記。  (全31話)
生まれるということ・SLEに病んだ妻の出産に関する物語。 (全30話)
小さな記憶・幼い頃、他人の家で育てられた謎の記憶。 (全24話)
親父になる 第一部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第一部。(全25話)
親父になる 第二部・26歳で息子を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第二部。(全25話)
親父になる 第三部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。新連載(連載中)

2014年5月29日木曜日

7話 また今度


・ 7

山の朝は気持ちが良いですね。
今日は天気もいいし、爽やかですよ。
ちょっと寒いのが玉に瑕かな?
気温は2℃です。

先ずは、お湯を沸かしてコーヒーでも飲みましょう。
ドリップ式のコーヒーを用意していたのは誰だったんでしょう?
やっぱり用意がいいですね。
山の達人達ならではです。


コッフェル

じっちゃんのコッフェルでお湯を沸かしまします。
なんだか、気合の入った焚き火になってますね~。
昨夜残った焚き木をみんな燃やしちゃいましたからね。
焚き木は燃やしちゃえば荷物にならないし。
ここぞとばかりに燃やしましたよ。

コーヒーを飲みながら、みなさんのお話を聞いていました。
すごいですよ~。
雑誌でしか見たことのない源流釣り人の話や、谷の話。
特に谷の話になると、どこにテンバがあるとか、あそこは岩魚が少ないとか。
みなさん、知ってる知ってる。

「あそこの林道の終点から、3時間くらい登ると、岩魚は多いね」
は?そりゃそうだ。
みなさんのお話を聞いてるだけでもワクワクしますよ。2

さて、朝食なんですが、これが驚きですよ。
な、な、なんと、YONPAPAさんが電気炊飯器を持ってきたんですよ。
このオートキャンプ場にはコンセントがあったんです。
山の達人達も今日は楽にご飯が炊けますね。

コシアブラ炊き込みご飯

でも、楽に炊いたご飯といっても、普通のご飯とは違いますよ。
コシアブラの炊き込みご飯です。
このあたりが山人らしいですよね。
初めて食べたコシアブラ炊き込みご飯、やっぱりおかわりしてしまいました。
旨かった~。

コシアブラ炊き込みご飯
 写真はYONPAPAさんからお借りしました。
朝ご飯といえば味噌汁ですが、山の汁は違いますよ。
覚えてます?
昨夜のキノコ汁。
残ってたんですよ。
それをまた温めて、味噌汁代わりです。
ってか、味噌汁より旨いんですけどね。

山菜汁

一度冷めたキノコ汁は、温めなおすと、またぐっと味が違いますね。
味が濃くなったというか、旨みが増したというか。
気温2℃の朝の体を温めてくれますよ。
こんな旨い朝飯食っちゃっていいんだろうか?

このあと、野営の撤収となるのですが、その早いことっていったらなんのって。
さすがですよ。
じっちゃんが、「たけは座ってっていいぞ」って言ってくれたんですが、そうもいきませんよね。
なんとかたびちゃんに手伝ってもらって、YONPAPAさんにお借りしたテントを撤収しました。

で、焚き火の跡に戻ってみたらこの通り。
もう、すっかり撤収されていました。
しかも、「来た時よりきれいに」。。ね。


何故か日光のオヤジがポーズをとってる??

一泊の、しかもオートキャンプ場での野宿焚き火宴会でした。
先輩達のような「山の達人」には、きっと物足りない焚き火宴会っだったのでしょう。
今回は、俺のために楽にできる焚き火宴会を催していただきました。
俺は幸せもんです。
先輩方の優しさが身に沁みた焚き火宴会でした。

じっちゃんYONPAPAさん、日光のオヤジ達たびちゃん、何から何まで、ありがとうございました。

じっちゃんには椅子をお借りしたり、山ナイフを見せていただいたり。
YONPAPAさんにはテントをお借りしたり、企画をしていただきました。
日光のオヤジ達には何と言っても、大切な薪を調達したいただきました。
たびちゃんには駐車場の一次会から肴を頂いたり、お酒もいただいたり。

みなさん、ありがとうございました。

そして、またお会いしましょう。

焚き火宴会総合写真





コメントは 掲示板 居酒屋たけ にてお願いします。