主な読み物

主な連載読み物
土に呟きながら・慣行農で生活をしながら、自然農を知り、それを実験していた百姓の物語。 (全35話)
右手を眺めて ・脳出血で倒れ、右半身麻痺、うつ病、統合失調症になってしまった百姓の闘病記。  (全31話)
生まれるということ・SLEに病んだ妻の出産に関する物語。 (全30話)
小さな記憶・幼い頃、他人の家で育てられた謎の記憶。 (全24話)
親父になる 第一部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第一部。(全25話)
親父になる 第二部・26歳で息子を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第二部。(全25話)
親父になる 第三部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。新連載(連載中)

2014年6月30日月曜日

12 うつ病と「欲」について考えます

1011 12・ 13141516

うつ病になると、ほとんどの患者が食欲、睡眠欲、性欲、社会的活動欲といった本能機能が障害されてしまいます。
つまり、食欲低下、睡眠障害、性欲低下に陥ってしまうのです。

しかし、他にも、非定型うつ病、季節性うつ病があります。

否定型うつ病には、過食、過眠という「欲」が見られます。

 

季節性うつ病に関しても、日照時間が短くなる時期になると炭水化物を過剰摂取し、過眠するという「欲」が、冬季うつ病に見られます。

いずれにせよ、炭水化物の摂取がインスリン分泌を通して脳内セロトニンを増加させる効果があるので、過食という「欲」が現れるのです。

うつ病患者には、俗に言う「太った人」がいます。
それは、このようなメカニズムがあるのです。
若い、特に女性の患者さんには酷とも言えます。
その体型を、何気なく指摘され、拒食になってしまう女性も少なくはありません。

先日も、20代の女性から連絡があり、「太ったな」の一言が胸に刺さった。と、泣いていました。


コメントは 掲示板 居酒屋たけ にてお願いします。