主な読み物

主な連載読み物
土に呟きながら・慣行農で生活をしながら、自然農を知り、それを実験していた百姓の物語。 (全35話)
右手を眺めて ・脳出血で倒れ、右半身麻痺、うつ病、統合失調症になってしまった百姓の闘病記。  (全31話)
生まれるということ・SLEに病んだ妻の出産に関する物語。 (全30話)
小さな記憶・幼い頃、他人の家で育てられた謎の記憶。 (全24話)
親父になる 第一部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第一部。(全25話)
親父になる 第二部・26歳で息子を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第二部。(全25話)
親父になる 第三部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。新連載(連載中)

2014年8月19日火曜日

8 思いで横丁の記憶

・ 8  

今年はお袋の新盆。
俺は、実家の東村山に帰郷することとなったんだ。
13日から16日までの帰郷となった。

そのことをFcebookに投稿したら、先ずは、みゆきちゃんが冗談半分で「お迎えにあがりましょうか~?」と、きたもんだ。
俺は、会えるものならと「よろしく~」ってね。
でも、みゆきちゃんの予定は詰まってたんだ。

それを見た、悪友半ちゃん。
「わしがいこうか~?」と。
「いらん!」と答えてみたものの、内心は会いたくて。。いや、呑みたくて仕方なかったんだよ。

で、新宿思いで横丁(通称しょんべん横丁)での待ち合わせとなった。
ま。半ちゃんと呑むには、いい場所だ。
ってか、朝の10時から呑むんだから、思いで横丁くらいしか呑めないよな。

またまたそれを見ていた、ヒロちゃん。
「俺も行く~」
よっ、待ってました!
これで悪友三羽烏のそろい踏みとなったわけ。

 

この通りは、朝から呑めるんだ。
俺たちが着いた頃には、もう赤提灯がチラホラと灯ってたよ。
店を決めるのに時間はかからなかったね。
ってか、早く呑みたくて仕方がなかったのかな?


先ずは生ビールで軽~く乾杯。
この3人、話題には事欠かない。
呑む度に話し、話す度に呑む。
ビヤ派の半ちゃんと、焼酎派のヒロちゃんと俺、一軒目から、ちょいと飛ばしたかな?


呑めばトイレも近くなるよね。
この横丁には公衆トイレがひとつあるだけ。
昔は、しょんべん横丁って言われてたくらいだから、どんなトイレなのか、こんなことも興味津々。
それが意外と綺麗。
掃除も行き渡っていたよ。


ちと見たくもない画像もありますが、失礼。
半ちゃん、放水の図でございます。
こんなこと出来るのも、酔いの成せる業。
酒は怖いですね~。

で、「次の店、行ってみよ~!」
って、ハシゴするのが、この3人の常。


もうここまでくると、そうとう回ってますな。
これは2軒目だったと思うけど、俺も写真を撮った覚えがあやふやだし。

酒も水のようになってくる。話も盛り上がる。
盛り上がらないのはアソコだけ??


「朝起」と書いて「あさだち」と読むお店。
さて、これでアソコも盛り上がるのだろうか?

無理だろ~な~。

「次、行ってみよ~」
3軒目、いい感じのバーだった。
アーリーとターキーをロックで胃袋に流し込んだ。
これが効いたね。
胃袋と脳味噌に、盆と正月が一緒に来た。


この写真を最後に、俺の記憶がなくなる。
たしか、真昼の新宿の真ん中で、半ちゃんとキスをしたような。
ヒロちゃんが俺の肩を抱いてくれていたような。
あ。オヤジ3人でカラオケに行ったかな?
俺は寝てたけど。

なにはともあれ、気がつけば、ヒロちゃんと東村山にいたんだよ。
駅まで妹に迎えに来てもらったんだけど、思いっきり怒られたことは言うまでもない。

しかしまあ、二の轍を踏んでしまうのも、呑兵衛仲間の習性でもあり。
またやっちまうんだろうな。



コメントは 掲示板 居酒屋たけ にてお願いします。