主な読み物

主な連載読み物
土に呟きながら・慣行農で生活をしながら、自然農を知り、それを実験していた百姓の物語。 (全35話)
右手を眺めて ・脳出血で倒れ、右半身麻痺、うつ病、統合失調症になってしまった百姓の闘病記。  (全31話)
生まれるということ・SLEに病んだ妻の出産に関する物語。 (全30話)
小さな記憶・幼い頃、他人の家で育てられた謎の記憶。 (全24話)
親父になる 第一部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第一部。(全25話)
親父になる 第二部・26歳で息子を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。 第二部。(全25話)
親父になる 第三部・26歳で子供を授かり、本当の意味での親父になるまでの物語。新連載(連載中)

2014年12月16日火曜日

「生まれるということ」

SLEに病んだ妻の出産に関する著者のノンフィクション

同棲、結婚を経て、妻が難病 膠原病(SLE)に病んでいたことが発覚。
医師に子供を作ることを禁止されたのだが、その時はすでに妊娠していた。
妻は命を賭けて出産するのだが。。。
夫婦のあり方と、難病に立ち向かう著者夫婦のノンフィクション。





同棲、結婚を経て、妻が難病 膠原病(SLE)に病んでいたことが発覚。
医師に子供を作ることを禁止されたのだが、その時はすでに妊娠していた。
妻は命を賭けて出産するのだが。。。
夫婦のあり方と、難病に立ち向かう著者夫婦のノンフィクション。

著者は学生時代に妻と出会う。
その当時、妻はまだ離婚調停中の人妻であった。
夫と別居していた妻と著者は同棲をはじめる。
そして、結婚。
幸せな日々が続いていたのだが。。。

妻の体に変調が現れる。
そして妻は、難病、膠原病(SLE)と診断される。
医師に「子供は諦めてほしい」と宣告されるのだが、その時、妻は既に妊娠していた。

命を賭けて出産しようとする妻と、著者の揺れる心。
難病と出産、家族とは何かを考える著者の心を語り口調で書いています。

難病を抱える方、そしてそのご家族のために、著者が書き下ろしたノンフィクションです。
全30話。

 「生まれるということ」こちらにてご購読できます。

スマホ、タブレットPCに無料アプリをダウンロードすることで、簡単に購読できます。
無料アプリダウンロードはこちらから。
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/ref=sv_kinc_2?ie=UTF8&docId=3077089376


パソコンの方はこちらから。
https://read.amazon.co.jp/